海外旅行保険について補償内容やおすすめのポイントをまとめてみました

おすすめ海外旅行保険〜内容や選び方お役立ち情報サイト〜

おすすめ海外旅行保険〜内容や選び方お役立ち情報サイト〜 TOP

海外旅行保険は、「海外旅行総合保険」とか「海外旅行傷害保険」とも言われています。海外旅行先でのケガや病気を基準に、トラブルが発生した時に色々なサポートがあります。

海外旅行中の事故やトラブルを補償するだけでなく、国内での移動中はもちろん、自宅を出て旅行から帰ってくるまで補償が継続します。自宅から空港に向う途中に何か事故が発生した場合も補償があります。

ですから、海外旅行保険は、カバーする範囲が広い保険と言えるでしょう。海外旅行中は、日本国内ではないので、国民健康保険や社会保険などが使用できません。ですから海外では、治療費などを全額負担することになります。

高額な治療費だったり、有料で救急車を使用することになると、かなりの負担になるでしょう。怪我や病気だけでなく、他人に何か不利益を与えた時は、賠償が必要になることもあるでしょう。

海外旅行中に何かトラブルに遭遇した場合、海外旅行保険に加入していれば、身の安全を守ってくれるので、安心して旅行を楽しむことができます。最近は、インターネットサイトからも、簡単に加入の手続きができるようになっています。海外旅行の予定がある方は、早めに手続きをしておいた方がいいでしょう。

 


海外旅行保険のメリット

海外旅行中は、自分自身が、どんなに注意を払っていても、事件や事故などのトラブルに巻き込まれることがあるかも知れません。さらに、健康に注意していても、海外に行くと、環境が変わるので、ストレスや疲労が蓄積して体調を崩したり、病気にかかってしまうこともあるでしょう。列車やバスなどの交通事故に巻き込まれることだってあるかも知れません。


このような偶発的なトラブルに備えて、海外旅行保険に加入しておいた方が安心です。実際に、海外旅行保険に加入していなかった人が、病気やケガだけでなく、盗難などの被害で多額の損害を被った日本人旅行者も多いようです。それぞれの保険会社によって、補償内容や補償範囲に違いがありますが、海外旅行保険に加入していれば、色々な補償やサービスがあります。

たとえば、病気やケガ(交通事故など)の時に診療費、入院費、緊急移送費が支払われます。さらに、盗難や偶発的な事故で所持品に損害があった時は、保険会社の規定範囲内で補償があります。その他、他人への損害補償なども付いているので、海外旅行保険に加入するメリットは、かなり大きいのではないでしょうか。



海外旅行保険のデメリット

海外旅行保険が付帯したクレジットカードを利用している人も多いのではないしょうか。海外旅行に出かけたことがある人の中で、海外旅行保険が付帯しているカードを使ったことがある人も多いはずです。


このようなクレジットカードは、とても便利ですが、補償内容を確認してみると、少々不安なことがあります。特に病気やケガの治療費が200万円までしか保障されていない場合もあります。

海外では医療費が思った以上に高くなることもあります。ですから、カードに付帯している保険金だけでは足りなくなることもあるでしょう。万が一の病気やケガを考えたら、クレジットカードに付帯した海外旅行保険だけでは、足りないかも知れません。

ですから、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持っていれば、保障額を増やすことができます。ですが、同じクレジット会社のカードばかり持っていても意味がありません。

違うクレジット会社のカードを数枚持っていれば、問題を解決してくれるでしょう。たとえば、医療費だけ見ると、100万円から200万円までの補償額を設定した時に、数社の補償額を合計することができるので、安心ではないでしょうか。

海外旅行保険に別途加入しないで、海外旅行保険が付帯したカードを利用する場合は、複数枚持っていないと安心とは言えないでしょう。

PageTop